よくある質問

登録について

パソコンから会員登録はできますか?

会員登録は、スマートフォン(Android,iPhone)からの登録となります。
スマートフォン(Android,iPhone)からアクセスして、会員登録をお願いいたします。画面TOPにあるQRコードからアクセスいただくと直接アクセスすることが出来ます。

着信音ダウンロードについて

着信音のダウンロードについて

iPhoneの方は、iPhoneで当サイトに会員登録後、楽曲を予約したのち、パソコンからダウンロードが可能となります。Androidの方はAndroid端末で当サイトに会員登録後、専用アプリにて楽曲ダウンロードが可能です。

パソコンからの着信音ダウンロードについて※iPhone会員のみ

iPhoneで当サイトに会員登録後、楽曲ページより、ダウンロード予約をしていただくと、予約番号と認証コードが表示されます。そちらを入力いただき、ダウンロードしてください。

ダウンロード予約した着信音を確認したい

ダウンロード予約曲の一覧は、iPhoneにて当サイトにアクセスしていただき、予約曲一覧ページよりご確認ください。

ダウンロード予約の予約番号と認証コードを忘れてしまった。

iPhoneにて当サイトにアクセスしていただき、予約曲一覧ページより予約した曲を選択し、ご確認ください。

パソコンでの着信音ダウンロードエラーについて

パソコンでの着信音ダウンロードエラーの原因については、エラーページ( http://smartpass.stamelo.jp/pc/iphone/download/error)より、ご確認ください。

ダウンロードした着信音のファイルの場所がわからない

ダウンロードした着信音のファイルにつきましては、お客様がお使いのパソコンによって異なりますので、恐れ入りますが、お使いのパソコンの設定をご確認ください。

着信音設定方法に関するよくあるご質問について

[AAC バージョンを作成] が無い

[AAC バージョンを作成]が表示されない場合、以下の手順で表示をさせてください。
①iTunesを開きます。
Windowsの場合は、Ctrl + , (カンマ)
Macintoshの場合は、command + , (カンマ))
を押します。
②すると、環境設定が表示されるので、【インポート設定】⇒【インポート方法】を【AAC エンコーダ】で選択し、OKにします。

拡張子が表示されていない

拡張子が表示されていない場合は、下記の手順で表示設定ください。
◇Windows7、Windows8の場合
キーボード左下の【Windowsキー】を1度押す→プログラムとファイルの検索に「フォルダー」と入力
⇒表示される【フォルダー オプション】を選択⇒【表示】タブ⇒下方の【登録されている拡張子は表示しない】のチェックを外す

◇WindowsXP
フォルダーを1つ開く※どのフォルダでも可⇒メニューの 【ツール】 ⇒ 【フォルダー オプション】
⇒【表示】タブ⇒下方の【登録されている拡張子は表示しない】のチェックを外す

◇Macintosh
メニューバーの【Finder】⇒【環境設定】⇒【詳細】タブ⇒【すべての拡張子を表示する】のチェックを入れる

拡張子の変更方法

ファイル名の部分を1回クリックし、少しだけ間をおいてもう1回クリックすると、ファイル名および拡張子が変更できます。素早く2回押すとファイル自体を開いてしまいますので、ゆっくり2回クリックしてください。

ファイル名や拡張子を誤ると、ファイルが開けなくなる場合があります。(例:.m4a の . の位置が違う、. が無い、など)
その場合は、再度正しいファイル名・拡張子に変更します。

着信音を同期させる設定について

iTunesに着信音を入れたあと、※着信音を入れるまでは、着信音設定方法をご参照ください。
着信音が同期されるように下記の設定を行います。

①iPhoneとパソコンを接続し、iTunesを開く
②接続後に表示されるiPhone名をクリック
③【着信音】タブを選択し、【着信音を同期】にチェック
④iPhoneとiTunesを同期すると、着信音が登録されます。

着信音用に作ったファイルが「着信音」のフォルダに入らない。

ミュージックのライブラリのリストに残ったままだと「着信音」フォルダには入りません。
設定手順のSTEP5で拡張子を変更した後、ミュージックライブラリに残っている元のm4aのファイルはリストから削除してください。
削除後、STEP5で作成した曲のファイルをSTEP6の手順でiTunesへ移動させると「着信音」のライブラリに入ります。

着信音作成時にデスクトップ等においたファイルを消すと、iTunesで曲が再生・着信音設定ができなくなる。

iTunesの(「編集」)→「設定」→詳細→ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする にチェックを入れる
上記の設定を行うと、デスクトップ等においたファイルを削除しても、自動的にiTues Mediaフォルダにコピーされ、曲の再生が可能となります。
※ただし、iTues Mediaフォルダ内にコピーされた楽曲を削除してしまうと再生できなくなりますので、ご注意ください。

お問い合わせについて

お問い合わせについて
恐れ入りますが、お問い合わせにつきましては、スマートフォンサイトの「お問い合わせ」よりお問い合わせください。
iTunesに関するお問い合わせについて
iTunesに関するお問い合わせにつきましては、恐れ入りますが、iTunesのサポートへお問い合わせください。